学びのダイジェスト 学部・学科紹介

社会での実践力と、個性とを磨く実学教育

酪農学園大学は、これまでの学部・学科制の枠を超えた学びのシステムで基礎力を蓄えて、めざす専門性を究めていきます。

酪農学部:「農」と「食」の未来を科学する。

循環農学類

永続性のあるバランスのとれた循環農学を探求。

「循環・健康・共生」をテーマに、人の生命を育む農畜産物の生産と、土地や水に代表される環境の関係を学び、時代とともに変化していく「農学」を、永続性がありバランスの取れた「循環農学」として探求していきます。「基盤教育」と「専門基礎教育」では、農業に関する科学的知識を広範に学び、社会における農業の意義を正しく理解するための素養を養います。「専門教育」では、酪農学コース、畜産学コース、農学コースおよび農業経済学コースに分かれて、専門知識や技術を学びます。本学の理念である、現実課題を対象とした教育(=「実学教育」)によって、安全な食料の安定供給に寄与できる、幅広い知識と技術を習得した人材を養成します。また教職コースでは教員採用試験の現役合格をめざします。 詳しく見る

食と健康学類

食のスペシャリストと管理栄養士をめざす。

食品の機能、開発・製造と流通の専門家ならびに管理栄養士の養成を目的に4つのコースを設置。いずれのコースにおいても基盤教育や専門基礎教育で基本を学んだ後、それぞれの専門教育により知識を深めます。本学の教育理念である実学教育を具現化するために、実験・実習を多く取り入れたカリキュラムが組まれ、食の生産、加工・製造、流通ならびに健康などに関する幅広い知識を習得することにより、総合的な判断力を備えた人材を育成します。また入学直後の農場実習では、畑で作物を育て管理します。このような食の原点である土から食、さらに健康までを学ぶことができるのは、立地と環境に恵まれた本学ならではです。また教職コースでは教員採用試験の現役合格をめざします。 詳しく見る

環境共生学類

環境と調和・共生する社会の形成をめざして。

環境をめぐる諸問題を科学的に「診断」し、解決のための「処方箋」を作ることのできる知識と技術の習得を目指します。基盤教育ならびに専門基礎教育では、生命圏とそれを取り巻く自然環境の調和の本質を理解し、その調和が人類の文明活動によってどのように損なわれているかを科学的に分析するために、物理・化学・生物・地学や生態学・環境科学など自然科学的素養を養います。専門教育では野生動物学コースおよび生命環境学コースに分かれ、フィールド調査や地理情報システム(GIS)による情報解析などを学び、生命圏に生きる生物が互いに自然環境と共生していくために何ができるかを究明します。 詳しく見る

獣医学部:日本最高レベルの規模と設備を誇る附属動物病院を併設。

獣医学類

臨床から先端研究までを視野に獣医師を育成。

近年、食の安全・安心に関する意識の高まりや新型インフルエンザ等の人獣共通感染症への対応、伴侶動物医療の高度化、進歩の著しい生命科学への参加等、獣医師に求められる範囲は拡大の一途にあり新たな獣医学教育が求められています。獣医学類ではこれまで培われた産業動物医療に関する知識や施設を最大限に活用しつつ、獣医学およびその関連分野における高度な知識と技術を習得し、追り来る諸問題を解決できる能力を養うことによって実践的な産業動物、伴侶動物、公衆衛生関連獣医師を育成し、また、わが国の獣医療や食の安全および動物の福祉ならびに生命科学における先端的研究を推進できる人材を育成します。 詳しく見る

獣医保健看護学類

高度化する獣医療をサポートするスペシャリストを養成。

獣医保健看護学類では一貫教育において獣医学に関する基礎知識と動物看護学に関する専門知識を習得し、幅広い獣医保健看護領域の業務を担える人材を育成します。さらに、専攻分野において動物栄養学、動物行動学および動物理学療法学に関する高度な教育を行い、それぞれのスペシャリストを養成します。動物栄養学のスペシャリストは、飼料会社における飼料の開発や動物病院における栄養指導者として、動物行動学のスペシャリストは、動物のしつけ、問題行動動物の治療、盲導犬や介在療法動物など社会活動動物の提供等に関する分野で、また、動物理学療法スペシャリストは、獣医療の高度化や動物の高齢化に伴い今後需要が見込まれ、術後のリハビリや介護リハビリ分野で活躍することが期待できます。 詳しく見る

大学院:今日の世界が必要とする最先端の研究に取り組む。

獣医学研究科

課程一覧

獣医学の研究分野は多岐にわたり、獣医学専攻博士課程には、基礎獣医学(生体機能学/感染・病理学)、臨床獣医学(生産動物医療学/伴侶動物医療学)、応用獣医学(衛生環境学)の各分野の講座が開設されています。 詳しく見る

酪農学研究科

課程一覧

酪農学研究科では酪農や農業における先端技術、食品に関する研究開発や高度な経営知識まで関連分野の要望に対応した研究を展開。 詳しく見る

取得できる免許・受験資格など 詳細はコチラ

※PDFダウンロードをする場合にはAdobe Readerが必要となります(Adobe Readerのダウンロードはこちらから)。